FC2ブログ

【FE風花雪月】白雲の章『EP.4:女神再誕の儀(ルナティック)』を攻略!

『第一部:白雲の章:青海の節(7月)EP.4:女神再誕の儀(ルナティック)』の記事です。
(ファイアーエムブレム 風花雪月)



スポンサーリンク



スポンサーリンク






★女神再誕の儀襲撃戦


・死神騎士、動く

マップ中央付近に鎮座する死神騎士ですが、範囲内に入ると普通に動きます。
この時点のルナティック死神騎士は当然、自軍全てのユニットを軽く即死させる強さです。
具体的には攻撃37、回避25、攻速17


・脇を通る

死神騎士の広い範囲に入らないように右回りか左回りで進みますが
ルートが二つあるからと言って自軍を分散させるのは良くないです。
全軍で敵を全力対処しながら片方の道を進みましょう。


・あんまり動かない敵

敵の殆ど(増援以外全部?)は待機型。
自軍ユニットが近づかなければ動かないようです。
つまり対処は結構楽という事。
その分、固まってはいるので調子に乗って複数の相手をし過ぎるのは禁物。


・増援

7ターン目に背後からメイジx2、ダークメイジx1

この増援ですが、かなりの強敵。
突撃型AIをしており、自軍ユニットに3人同時に向かってきます。
自軍全てをもって袋叩きにしましょう。
計略を複数に当てられれば楽。


・死神騎士の撃破

倒すならダークスパイクを使うか、葬騎の一撃で倒します。

近づく際ですが、死神騎士の真上に階段があるので死神騎士は上方向の移動力が落ちています。
雑魚を排除しつつ右か左周りで上へ
上方向から近づいていき、神速の構えをして一気に近づき、ダークスパイクか葬騎の一撃で倒します。
火力が足りなければ他のユニットの計略で削ってからでOK
外れたら天刻、それでも駄目ならリセットしましょう。


・宝箱

左:精霊の粉
右:中級試験パス

どちらも出来れば回収したいです。






スポンサーリンク




前:『EP.3:霧中の叛乱(ルナティック)』

次:

『ファイアーエムブレム 風花雪月』攻略まとめ

テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら