FC2ブログ

【FEヒーローズ】伝承英雄召喚イベント『トラキアを継ぐ者 リーフ』が予告!

「トラキアを継ぐ者 リーフ」の記事です。
(ファイアーエムブレムヒーローズ)



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要
2019/10/28より、伝承英雄召喚イベントとして『トラキアを継ぐ者 リーフ』が予告されました。

開催期間:2019/10/29 16:00から



■トラキアを継ぐ者 リーフ

無 騎馬 弓

武器:マスターボウ
威力:9
飛行特効
2回攻撃(敵から攻撃された時も、2回攻撃可能) 速さ-5
(プレイヤー操作時のみ)自分から攻撃した時、敵は追撃不可

奥義:ノヴァの聖戦士
【カウント3】
自分から攻撃した時、戦闘後、自分を行動可能にする(1ターンに1回のみ)
この奥義発動時、自分とダブル相手に移動を最大1マスに制限する状態異常を付与(次回行動終了まで)

Aスキル:攻撃魔防の渾身4
戦闘開始時、自身のHPが25%以上なら攻撃、魔防+7
その状態で攻撃した時、戦闘後、自分に5ダメージ

Bスキル:Sドリンク
1ターン目開始時、HP99回復、奥義発動カウント-1

Cスキル:守備の紫煙3
戦闘後、敵の周囲2マスの敵の守備-7(敵の次回行動終了まで)


■ピックアップされた英雄

伝承リーフ
伝承アルム
闇チキ

伝承リョウマ
バレンタインアイク
春祭りパオラ

伝承アクア
伝承ルキナ
兎マリカ

伝承ヘクトル
ライ
ピクニックフェリシア





トラキア776より、リーフが馬に乗って弓持って登場。
カウント3で再行動可能な奥義と勇者の弓の強化版みたいな性能を持つマスターボウが強力。
Sドリンクで奥義カウントがマイナスされるので最初の行動で確実に奥義が発動します。
他、ダブル持ち。

引くなら勿論白色で良いでしょう。
他のメンツも伝承アルム、闇チキなのでどれが当たっても当たりと言えます。





スポンサーリンク




<まとめ>
ファイアーエムブレムヒーローズの攻略まとめ

テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら