FC2ブログ

【異放生態ダンジョン】魔物のレビュー【進化の種(陽)】編

『魔物のレビュー【進化の種(陽)】編』の記事です。
(異放生態ダンジョン)



スポンサーリンク



スポンサーリンク





■概要

進化の種(陽)の進化魔物のレビュー集です。
低レベルから育成しておりますが成長ボーナスは余り考慮しておりません。
また、もっと他に良い運用方法があるかもしれません。

それを踏まえた上でも特殊行動や特徴、装備、ステータスの傾向などは役立つかと思います。
参考になれば幸いです。

ステータスの見かた(図鑑で見た数値)
・六角形の内側の線に全く達していない
→ ★
・六角形の内側の線の前後
→ ★★
・六角形の内側の線を大きく超える
→ ★★★
・六角形の外側の線の前後
→ ★★★★
・六角形の外側の線を大きく超える
→ ★★★★★
・AGIは特殊なステータスなので別表記、通常であれば1倍速(速度4)



≪黄金バット≫

特徴:ホームラン/飛行(弱点:雷/弓、耐性:転倒)
装備:爪/その他
好物:生物素材/植物素材
特殊行動:ホームラン

ステータス
HP:★ / MP:★
ATK:★ / DEF:★
MAT:★ / AGI:速度5(2倍速)

バットの進化体。
バットは序盤から登場するので育成するなら低レベルから育成しましょう。
2倍速の飛行で動き、特殊攻撃としてノックバック攻撃であるホームラン(射程1、MP消費1)を使用します。
ホームランは射程の長い爪との相性も良いでしょう。
ただし、ステータスは低いので打たれ弱いのはバット系の宿命。
防具は攻撃魔核か楔系が良いと思います。


≪猫又≫

特徴:じゃれてくる
装備:剣/爪/腕/その他
好物:生物素材/地図文書
特殊行動:無し

ステータス
HP:★★ / MP:★
ATK:★★ / DEF:★
MAT:★★ / AGI:速度5(2倍速)

猫の進化体。
2倍速で動くことが出来てステータスもそれなりにはあります。
剣も装備出来ますが、基本は射程の長い爪で良いでしょう。
武器は竜牙爪か隔絶爪、防具は攻撃魔核、装飾は混乱を付加させる肉球手袋、ここら辺がオススメ。
無難に活躍してくれるでしょう。

肉球手袋の入手方法
→ 此方



≪超鶏≫

特徴:自爆(弱点:炎)
装備:頭/腕/足/その他
好物:レシピ文書/スキル文書
特殊行動:自爆

ステータス
HP:★★★ / MP:★
ATK:★★★★★ / DEF:★
MAT:★ / AGI:速度4(普通)

鶏の進化体、魔窟深層/鶏天国でも出現。
ネタ性能その2
その1は →此方
攻撃時に爆発を発生させて範囲攻撃を行います。
技名が(多分)表示されていませんが当サイトでは便宜上「自爆」と表記します。
自爆の範囲攻撃には自分も含まれており、射程1なので爆心地は常に自分です。
つまり、その圧倒的な攻撃力は常に自分も対象と言えるでしょう。
耐久力がそこそこあるので1~2発耐える事がありますが、戦闘出来るのは通常では精々1回か2回。
自爆は回避可能なので懐かせたり天使の衣を装備させて回避率を整えるとそれなりの頻度で自爆を避けれます。
もはや誰と戦っているか分りませんが、最大の敵は自分自身というのは求道者のようでカッコイイですね。
鶏専用装備としてリトルボムと鶏コルセットがあります。
リトルボムは攻撃力を30上げる単純な装備品、鶏コルセットは爆発範囲を広げます。
どうせ自分が常に巻き込まれるので鶏コルセットは良い装備になるでしょう。
ちなみに、好物がレシピとスキルの文書なので放流専用としてなら中々優秀かもしれません。

専用装備の入手方法
此方


≪光剣霊≫

別記事参照
魔物のレビュー【ver1.01.0】追加編


≪タピ王≫

特徴:もっちもちしている
装備:爪/頭/その他
好物:生物素材/地図文書
特殊行動:無し

ステータス
HP:★★★★★ / MP:★
ATK:★★★ / DEF:★
MAT:★ / AGI:速度4(普通)

タピオカの進化体。
非常に高いHPを持ち、攻撃もそこそこあります。
特殊行動はありませんが、タピ種専用の鋼千矢が射程5で威力+20という強力な装備。
防具は攻撃魔核にするか、楔系で魔法を持たせます。
かなり強力な魔物と言えるでしょう。


≪クリスタル≫

特徴:人型(弱点:氷、耐性:炎/雷/火傷/毒)
装備:斧/頭/腕/足/その他
好物:鉱物素材/レシピ文書
特殊行動:無し

ステータス
HP:★★ / MP:★
ATK:★★★ / DEF:★★★★★
MAT:★ / AGI:速度4(普通)

ゴーレムの進化体。
特殊行動はありませんが物理寄りの優秀なステータスを持ち、人型なので優秀な装備品が付けられます。
レベルを上げてヘヴィーメイルを装備させれば素の硬さもあって防御50になります。
並の攻撃力ではダメージを1桁に抑え込んでしまう他、耐性も氷以外には優秀。
武器もボンバーアックスを装備させるととても強力な一撃を叩き込めるでしょう。
欠点は射程1な事ですが、耐久&耐性ともに優秀なのである程度カバー可能。
同行にも向いており、優秀な魔物と言えるでしょう。


≪浪人狐≫

別記事参照
魔物のレビュー【ver1.01.0】追加編


≪エアコン≫

特徴:幻想種(弱点:雷、耐性:炎/火傷/凍結/麻痺)
装備:爪/頭/その他
好物:鉱物素材
特殊行動:漏電/暖房/冷房

ステータス
HP:★★ / MP:★
ATK:★★ / DEF:★★★
MAT:★★ / AGI:速度4(普通)

ストーブの進化体。
特殊行動として雷、炎、氷による3種類の属性攻撃&状態異常付きを持ちます。
具体的に言うと漏電(雷/麻痺)、暖房(炎/火傷)、冷房(氷/凍結)の3つです。
どれも射程1のMP消費0、相手を見て耐性の穴を突くように使用する行動パターンは無く
射程1に敵がいたら特殊行動の何れかを高確率(確定?)で使うという感じです。
装備品は、竜牙爪+楔(攻撃魔法)、隔絶爪+攻撃魔核のどっちかのセットで使うと良いでしょう。





スポンサーリンク




『異放生態ダンジョン』攻略まとめ

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

返信

>コメントをくれた方

追記しました。
参考になれば幸いです。

No title

>管理人さん

どうも有難うございました。

No title

変わった使い方ですが、超鶏は天使の衣を装備可能なので自分の爆発を回避して相手だけにダメージを与えることもできます。 (どんなに回避上げても50%なので割と自爆する) 

これも変わった使い方ですが、根性魔核を付けるとHPが少ない状態でも攻撃が可能になりHPが全回復(最大HP60減る)するので相手だけを倒すことも出来ます。 (だた根性魔核が強いだけかもしれない)

Thank You

>コメントをくれた方

追記しました。
情報提供非常に助かります。
有難う御座いました。
カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら