FC2ブログ

【Googleゲーム】お菓子のアクションの攻略

『お菓子のアクション』の記事です。
(Google | Doodle | Gerald "Jerry" Lawson's 82nd Birthday | ジェラルド ジェリー・ローソン エイティセカンド バースデイ)



スポンサーリンク



スポンサーリンク






■お菓子のアクション(アイスクリームスタイル)

ルール1:ペンギンはジャンプで踏むと倒せる
ルール2:プロペラは踏むとハイジャンプ
ルール3:星を取ると一定時間無敵
ルール4:ヒビ割れた壁はジャンプして頭突きをすると壊せる
ルール5:スプーンは中間
ルール6:細長い板はパドル、キーで操作可能
ルール7:ドカンに触れるとブロックが移動



▼第1エリア

ジャンプしてペンギンに当たらないように先へ
コイン(宝石?)は別に取らなくてもいいです。


▼第2エリア

パドルが登場
とはいえ、特にこれを使った必須アクションがあるわけではありません。
ワープマスがあるのでそれ目指して進みましょう。


▼第3エリア

逆時計回りに進んで次のエリアを目指しますが
次のエリアへのワープ地点から定期的に敵が飛び出ます。

上側のジャンプが結構シビアなので精密にギリギリでジャンプしましょう。
落ちる際は右側に入力して右側の床に着地します。
ワープ前の無敵を取得して次のエリアの敵を倒せるとグッド


▼第4エリア

大部屋に色々とアイテムがありますが要は左上の旗まで行けば良いです。
まずは中間のスプーンに触れるのを忘れずに(ワープから左上付近にあります)

ゴールである左上の旗に行くのは少し難しいです。
ドカンに触れるとブロックが移動、そして自機のジャンプでは飛び越えられません。
これはドカンに触れて、小ジャンプでブロックの下に滑り込む必要があります。
何度も行っていれば自然と行けるかもしれません。
その直後にある旗を取ればクリア。





スポンサーリンク


『Googleのジェリー・ローソン記念ゲーム』攻略まとめ


テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら