FC2ブログ

【FEエンゲージ】第14章:ソルム攻防戦

「第14章:ソルム攻防戦」の記事です。
(ファイアーエムブレム エンゲージ )

ハード想定の攻略です。

■第14章 ソルム攻防戦

勝利条件 オルテンシア、セピア、マロン、モーヴを撃破する
敗北条件 リュールが撃破される

増援:1ターン目:右下にシーフ
増援:2ターン目:左下にシーフ
増援:8ターン目:左右の通路からランスナイトx2、ソードナイトx2
増援:12ターン目:自軍初期位置付近からソードペガサス、アクスペガサス、ドラゴンナイト
増援:オルテンシア復活後:階段よりアーチャー、ランスファイター、ソードファイター、アクスファイター

宝箱(右側・右):光の弓
宝箱(右側・左):ブーツ
宝箱(左側・右):ドラゴンキラー
宝箱(左側・左):達人の体術


▼二つの道

シーフから宝箱を守る為にも部隊を二手に分けます。
左側は槍が多いので斧を中心とした部隊。
右側は斧が多いので剣を中心とした部隊。


▼合流して敵将たちと決戦

中央の広場に侵入するとオルテンシア、マロン、セピア、モーヴが一斉に動き出します。
具体的にはオルテンシアの杖の射程に入るとボス全員が動くようです。
オルテンシアは広範囲のブレイクさせる杖コラプスを使用して、反撃を封じてきます。

オルテンシアの近くにいるイルシオン兵2人は動かないので動いてきたセピア、マロン、モーヴを先に倒しましょう。
マロンとモーヴは復活の石が無いので優先的に倒します。
魔法武器と特攻耐性を持つのでアーマーで受けるのは非推奨。

セピアは後回しにして次のターンに倒すのが良いと思います。


▼オルテンシア

3人の敵将を退けたら次はオルテンシア
復活の石を2個も持っているのでしっかり準備してから挑みましょう。

一度倒すと闇暴走という状態になり強化。
エンゲージ武器として天帝の剣、エンゲージスキルで計略:邪神の舞が追加。
天帝の剣は射程1-2の剣、竜特攻と魔力で威力を増やす効果
計略:邪神の舞は周囲2マスの味方を再行動

更に増援も出現します。



前:第13章:オアシスの勇者

次:第15章:砂漠のダンサー

『ファイアーエムブレム エンゲージ』攻略まとめ

テーマ : ファイアーエムブレム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら