FC2ブログ

【初代ポケモン】弱い技・変な技の特集

初代ポケモンの弱い技、変な技の特集記事です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク






■概要

初代ポケモンに登場する弱い技をまとめた記事です。
(ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ)

初代にしかない謎仕様によって面白いくらい弱い技があります。
ヘンテコな技、習得自体が罠の技、単純に弱い技をピックアップ。
話のネタにでもどうぞ。

▼目次
はねる
フラッシュ
いあいぎり
スプーンまげ
がまん
からみつく
どくガス
ほえる
ふきとばし
つばさでうつ
いわおとし
したでなめる
かまいたち
かなしばり
きあいだめ
いかり



■はねる


タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:100 PP:40
効果:なし


評価
使っても何も起こらず無駄にターンを消費するだけの技
弱い技としては殿堂入りでしょう。
PPが40もあるので技を使い切って「わるあがき」を使うのも大変

これより弱い技があるのだから初代は恐ろしい

習得ポケモンはコイキングのみ


■フラッシュ


タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:70 PP:20
効果:相手の命中率を1段階下げる フィールドで使うと暗い洞窟を明るくする


評価
相手の命中率を1段階下げる技
同効果のすなかけ・えんまくの命中率は100%なのでフラッシュは命中に劣るものの初代だと命中変化は強力なのでそれなりの強さと言えます。
問題はこの技が「ひでん技」であるという事。
初代のひでん技は一度覚えたら決して忘れさせる事が出来ません。
でんきタイプやエスパータイプのポケモンがよく覚えますが気軽に覚えさせると後悔するでしょう。
ひでん要員に覚えさせるのが無難。
習得はひでんマシン経由のみ


■いあいぎり


タイプ:ノーマル
威力:50 命中:95 PP:30
効果:通常攻撃 フィールドで使うと細い木を切れる


評価
性能自体は普通の序盤技という感じ、フラッシュと同じく「ひでん技」でありフラッシュ以上に進行に必須で旅で多用するのが最大の問題点。
そしてフシギダネ系統、ヒトカゲ系統が習得出来てしまいます。
うっかり覚えさせてしまうと序盤ノーマル技レベルのこの技を一生忘れさせる事が出来なってしまいます。
ある意味で最も多くのプレイヤーを悩ませた罪深い技と言えるでしょう。
習得はひでんマシン経由のみ


■スプーンまげ


タイプ:エスパー
威力:-- 命中:80 PP:15
効果:相手の命中率を1段階下げる


評価
フラッシュと同じ効果でフラッシュより命中に優れます。
この技のおかしい点は初代ポケモンにて習得者が存在していないという事。
データ内には存在するのでランダムで技を出す「ゆびをふる」を使うと稀に出現します。
後から発売されたピカチュウ版ではユンゲラーとフーディンのレベル技に入っていますが習得レベルが1に設定されているのでポケモンスタジアム金銀のスーパーわざマシンを使わないと思い出せません。
実質的にポケモン初代の発売当時は殆ど没設定だったと言ってもいい技です。


■がまん


タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:100 PP:10
効果:2~3ターンの間攻撃に耐えて、受けたダメージを倍にして返す


評価
無防備で2~3ターン攻撃を受け続けて強力な反撃を・・・という技ですがその間に倒されてしまいます。
よって無防備で耐えれるくらい格下の相手にしか使えませんがそんな相手は普通に攻撃して倒せば良いので使い所がありません。
ちなみに初代唯一の必中技です。
(初代は命中100%でも実際は命中99.6%なので0.4%の確率で外れます、がまんだけは必ず当たる)


■からみつく


タイプ:ノーマル
威力:10 命中:100 PP:35
効果:33%の確率で相手のすばやさを1段階下げる


評価
10という最低威力を誇る技、追加効果があるが非常に弱いです。
威力10はポケモンシリーズ全体を見ても最低値らしく、ある意味凄い。
習得ポケモンはメノクラゲ系統とモンジャラのみ
タイプ一致で使えるポケモンがいないのも威力不足に拍車をかけていてちょっと面白いですね。

ちなみにイメージが似ている「まきつく」「しめつける」の方は超強力技であり、強すぎて次回作では効果自体変更されました。
似たようなイメージの技なのに天と地ほどの性能差があります。

次回作の金銀では更に弱体化して追加効果の発動率が10%になりました。
/(^o^)\ナンテコッタイ


■どくガス


タイプ:どく
威力:-- 命中:55 PP:40
効果:相手をどく状態にする


評価
状態異常技ですが命中が低く、どく状態にするだけの技なので弱いです。
ちなみに「どくどく」は命中85ありますし、同じ効果の「どくのこな」は命中75です。
PPだけは何故か40もあって上記の二つの技より上です。
PPあってもなぁ……
習得ポケモンは、ベトベター系統、スリーパー


■ほえる


タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:100 PP:20
効果:野生のポケモンとの戦闘を終わらせる


評価
強制戦闘終了技、確実に野生のポケモンから逃げる為に使用します。
トレーナー戦では技が失敗するので「はねる」と同じ。
旅ではそもそも野生との戦闘を避けたければスプレー系のアイテムを使えば良く
そうでなくとも強いポケモンを先頭にしていればほぼ逃げられるのでこの技を頼る事はまず無いでしょう。
習得ポケモンは、ロコン系統、ガーディ系統
金銀以降は強化されてトレーナー戦でポケモン交換を誘発させる効果が付き、一気に対戦で使われる技に進化しました。
ちなみに同効果の「テレポート」はフィールドで使うとポケモンセンターに移動出来るのでこの記事から逃れています。


■ふきとばし


タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:85 PP:20
効果:野生のポケモンとの戦闘を終わらせる


評価
ほえるから命中を落としたものがこれです。
よわい。

習得ポケモンは、ポッポ系統。
技マシンでも習得可能であり多数のひこうタイプが覚えます。


■つばさでうつ


タイプ:ひこう
威力:35 命中:100 PP:35
効果:通常攻撃

評価
一見するとそんなに弱い技には見えませんが威力に注目。
何故か35というやけに低い値が設定されています。
これは「つつく」と全く同じ値。
初代の攻略本では威力60と表記してあるので恐らくは設定ミスと思われます。
ひこうタイプのポケモンがLv30前後で覚える中堅技の位置づけですが実際はつつくです。
習得ポケモンは、ポッポ系統、ズバット系統、プテラ、ストライク(ピカチュウ版)


■いわおとし


タイプ:いわ
威力:50 命中:65 PP:15
効果:通常攻撃

評価
いわタイプの基本技ですが何故か命中率がやけに低い。
いわ技は今も命中率に難を抱えていますが初代は更に厳しめの調整だったようです。
流石にあんまりだと思われたのか次回作の金銀では命中90に強化されています。
ちなみに初代のいわ技はこれと「いわなだれ」の二つしかありません。
習得ポケモンは、イシツブテ系統、イワーク


■したでなめる


タイプ:ゴースト
威力:20 命中:100 PP:30
効果:30%の確率で相手をまひ状態にする<

評価
追加効果自体は優秀ですが威力が低すぎ
その上、初代では恐らく設定ミスによりエスパータイプに効果がありません。
そしてゴーストタイプで固定ダメージではない唯一の攻撃がこのしたでなめるです。
本来ゴースト技はエスパータイプに強いはずなのですがこの仕様により、むしろ弱くなっています。
習得ポケモンは、ゴース系統、ルージュラ


■かまいたち


タイプ:ノーマル
威力:80 命中:75 PP:10
効果:1ターン目に溜めて2ターン目に攻撃する

評価
溜め技なのに中堅クラスの性能しかなく中堅技として見ても命中難。
対戦はもちろん旅でも使えない技です。
ちなみに「たたきつける」の完全下位互換となる技です。(威力80、命中75、PP20、通常攻撃技)
そのたたきつけるもタマムシデパートで購入できるメガトンパンチの下位互換・・・という有様。
かまいたちは様々な攻撃技の下位互換となります。
次回作以降では強化されていますがそれでも強くはないです。
習得は技マシン経由のみ


■かなしばり



タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:55 PP:20
効果:技を一つ使えなくする

評価
相手の技をランダムで一つ使えなくする技。
効果ターンは1~7ターン、1ターンを引いてしまった場合は即解除されてしまう事も。
命中55%の上にランダムなので使い勝手が悪いという単純に弱い技。
次回作以降では命中率や効果が段階的に改善されて強化されており、対戦でも使われる強力な技になりました。


■きあいだめ



タイプ:ノーマル
威力:-- 命中:100 PP:15
効果:技を使うと急所率が落ちる

評価
なんと使うと急所率が下がるという自分を弱体化させる技
これは確実に設定ミスと思われます。
攻略本などでは急所率が上がりやすくなるとされているので逆に作用してしまったのでしょう。
自分の能力を下げる分「はねる」より弱い技です。
ちなみに道具の「クリティカッター」も使うと自分のポケモンの急所率が下がります。


■いかり



タイプ:ノーマル
威力:20 命中:100 PP:20
効果:ダメージを受けるたびに攻撃が1段階上がる

評価
はねるより弱い技その2
攻撃するだけマシに思えますが実はゲーム上の詰み状態まであり得てしまう恐怖の技。
使用すると自分か相手のポケモンが倒れるまで操作不能となって技が続きます。
他の技を選ぶ、ポケモン交換、道具、逃げるなど一切使えません。
またダメージを受ける度に攻撃が1段階上がりますが、それで出すのは威力20のいかりなのでやはり強くありません。
習得ポケモンは、ヒトカゲ系統、スピアー、ドードー系統、イワーク、ガルーラ、ケンタロス




スポンサーリンク


公式サイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最近の攻略記事
攻略まとめ
『エンダーマグノリア:ブルームインザミスト』
『プリンセスピーチ Showtime!』
『不思議のダンジョン 風来のシレン6 とぐろ島探検録』
『リメイク版・スーパーマリオRPG』
『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』
『ポケモン スカーレット・バイオレット』 【碧の仮面】
『ポケモンカードGB』
『ピクミン4』
『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』
『FLARE NUINUI QUEST』
『バーガータイムデラックス』
『グリム・ガーディアンズ DP』
『FE エンゲージ』
『Glimmer in Mirror』
『DQトレジャーズ』
『Googleのジェリー・ローソン記念』
『リトルウィッチノベタ』
『Stray(ストレイ)』
『リトル ノア 楽園の後継者』
『Ib リメイク版』
『レベッカと機械ノ洋館』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』
『ポケモンBDSP(ダイパリメイク)』
『GetsuFumaDen:(月風魔伝)』
『一画面勇者2』
『メトロイド ドレッド』
『DELTARUNE(デルタルーン)』
『Doodle チャンピオンアイランドゲーム』
『ENDER LILIES(エンダーリリーズ)』
『Lost Ruins(ロストルーインズ)』
『ディードリット・イン・ワンダーラビリンス』
『Loop Hero(ループヒーロー)』
『リトルナイトメア2』
『星のカービィ ディスカバリー』
『天穂のサクナヒメ』
『Bloodstained: CotMoon 2』
『異放生態ダンジョン』
『シャンティ5 Seven Sirens』
『Ori2 オリとウィスプの意志』
『一画面勇者(Remix)』
『魔機人形と棄てられた世界』
『Bloodstained:RotN』
『ポケモン ソード&シールド』
『ポケとる』
『ポケとる』全イベント攻略表!
『ICEY(アイシー)』



≪他の攻略記事≫

上記の攻略記事は一部となっています。
全ての攻略記事は下記のTOPページに纏めています。

『TOPページ・全攻略記事』
プロフィール

HN:モノクロム

管理人が遊んだゲームを色々と更新&攻略していきます。
気になるニュース(ゲーム関係など)を紹介する事も多いです。

当サイトはリンクフリーです。


X(ツイッター)アカウント
@anata7721
Google
Googleはサービスの改善や交流支援の為に ユーザーのブラウザにCookieの保存及び使用。 広告配信時に情報を収集する可能性があります。

また当ブログはサービス向上の為に Google アナリティクスにて情報収集を行っています。

サイト方針・免責事項及び
Google アナリティクスについて:
こちら